国際スピード郵便EMSでインドネシアに発送。法外な税金を請求されるトラブル発生。

EMSで国際郵便を送ったことはありますか?トラブルがあったので紹介します。皆さん、注意してください。

EMSとは

Express Mail Service(国際スピード郵便)の略であり、書類・手紙や小物を送ることができます。また、宅配便のように追跡することができます。

どんなトラブルがあったのか

今回、私は1,300円の物品をインドネシアに送りました。

 

これがインドネシアに届いた段階で、1,300USドル(約15万円)に間違えられました。

この1,300USドルに対して、関税などの税金や手数料で35,058,000ルピア(約30万円)を請求されたのです。

 

1,300円を1,300USドル(約15万円)と間違え、それに約30万円の税金をかけるなんて、あきれてしまいました。

最終的にどうなった?

受取人に発送書の控えをe-mailで送り、それをインドネシア郵便局に見せて1,300円だと説明しても聞き入れられず、受取りをあきらめました。

そして6ヵ月間、インドネシアの郵便局で保管された後、発送人(私)に返送されてきました。

 

発送先の社会事情に配慮して送る必要があります。皆さん注意してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました